山梨県の金運アップ神社はどこ?財運上昇のパワースポットを紹介!

今回は【関東・山梨県編⛩】人気・評判! 金運アップ神社5選をご紹介します。
山梨県は日本列島のほぼ中央に位置し、新宿から特急電車で乗り換えなしで行くことができます。

関東圏では人気の観光地となっており、日帰りで訪れる人も多い。

県土の7割以上を森林が占めるといわれる自然豊かな土地で、世界遺産に登録された富士山が有名です。

世界遺産に登録された富士山も有名です。そんな山に囲まれた神秘的な山梨県に、金運アップの有名な神社があるのをご存知ですか?

今回は、観光しながら金運アップができる、知る人ぞ知る金運神社を厳選して5つご紹介します。

宝くじが当たりたい! 副収入が欲しい! 宝くじに当たりたい!」「臨時収入が欲しい!」という方は、ぜひこの記事を最後まで読んでみてください。

新屋山神社(あらややまじんじゃ)

山梨県富士吉田市にある新屋山神社は、富士吉田の山の入り口付近にあり、「日本一の金運神社」として知られている。

日本三大開運神社の一つで、創建は室町時代末期。

主祭神は大山祇命、天照大神、木花咲耶姫命の3柱。

神社は本殿と内殿に分かれている。

比較的小さな神社ですが、神主さんがいて、無料でお祓いをしてもらえるので、ちょっと得した気分になります。

本殿には、願いが叶うかどうかを問う「押え石」があります。

この石を2回持ち上げて、1回目より軽く感じたら、願いが叶うと言われています。

奥宮は本宮から車で30分ほどかかり、タクシー以外の交通手段はないようです。

奥宮も森の中にひっそりと佇む小さな神社ですが、異世界に迷い込んだような、強いパワーを感じる人がいると評判です。

奥宮への道は、毎年12月から4月にかけて、路面凍結のため閉鎖される。

金運アップには両社への参拝が必須と言われていますので、せっかく出かけたのに奥宮を見逃すことのないよう、出発前にホームページでチェックしてみてください。

北口本宮冨士浅間神社(きたぐちほんぐうふじせんげんじんじゃ)

富士吉田市にある北口本宮冨士浅間神社は、富士山エリアの一部であり、富士山登山道の起点にあることから世界遺産に登録されている。

主祭神は木花開耶姫命、天孫彦根命、大山祇神の三神で、金運、財運、宝くじ当選、商売繁盛などのご利益があることで知られています。

また、木花開耶姫命が絶世の美女と言われたことから、恋愛運を高めたい女性にも人気のある神社です。

霊峰富士から流れるエネルギーは、邪気を払い、心の迷いを取り除いてくれると言われており、大きな決断をする前に参拝すると効果的です。

また、境内には東宮の本殿をはじめ、国の重要文化財に指定されている建物がいくつかあり、観光にもおすすめです。

また、神社の裏手、登り口から登ったところにある「大塚山」は、最強のパワースポットと呼ばれるおすすめスポットです。

日本一強力なパワースポットとしても知られています。

金櫻神社(かなざくらじんじゃ)

甲府市御岳町にある金桜神社は、山梨県を代表するパワースポットのひとつです。

創建は本殿が2000年前、里宮が1500年前と言われており、かなりの歴史を持つ神社であることが分かります。

昇仙峡の頂上にある神社で、祭神は富士山。

祭神は少彦名命、須佐之男命、大己貴命、日本武尊、櫛名田比売命の五柱である。

金運、商売繁盛、仕事運、財運、縁結び、子授け、厄除けなどのご利益が期待されている神社です。

金櫻神社は「水晶発祥の地」として有名で、授与式で販売される水晶のお守りは、一生のお守りと言われています。

また、本殿前の「卯の花桜」は「金のなる木」と呼ばれ、4月から5月にかけて黄金色の花を咲かせることから、金運のパワースポットと言われています。

金運アップを目的に参拝するのであれば、この木の開花時期に合わせて参拝してみてはいかがでしょうか。

名物の「水晶護符」(1,000円)も忘れずに手に入れよう。

水晶護符」は、透明な水晶と茶色の水晶が袋に入っています。

水晶本来の魔除けや金運アップのパワーがあると言われていますので、ぜひ肌身離さず持ってみてください。

武田神社(たけだじんじゃ)

山梨県甲府市にある武田神社は、「崋山」で有名な武田信玄をご祭神として祀っています。

歴史的な戦国武将を祀っていることから、観光スポットとしても有名で、平日でも多くの参拝客で賑わっています。

武田神社は、武田信玄が寝起きしたとされる「信玄立身出世館」の跡地にある。

勝運、金運、商売繁盛、出世、長寿のご利益があることで知られています。

拝殿の右奥には、武田家ゆかりの貴重な品々を収めた「宝物殿」があります。

また、拝殿の左手には、武田信玄の娘が生まれたときに産湯として使われた「姫の井戸」があります。

現在、この井戸の水は自由に飲むことができますので、ペットボトルを持参して飲んでみてはいかがでしょうか。

ペットボトルを忘れた場合でも、武田菱の入った容器が授与所で販売されています。

万病退散、延命などのご利益があるとされているので、ぜひ持参されることをおすすめします。

お守りは、境内の「三葉の松」が入った「金運守」500円が一番人気。

その他、武田信玄公の勝負運にちなんだ「必勝守」、「甲州金運守」なども人気です。

小室浅間神社(おむろせんげんじんじゃ)

山梨県富士吉田市にある小室浅間神社は、日本にある浅間神社の一つで、お金の神社として知られています。

創建は1200年以上前と、非常に長い歴史を持つ神社である。

日本各地に浅間神社が祀られているため、「下宮浅間神社」「冨士下宮浅間神社」と呼ばれてきましたが、現在は「小室浅間神社」に固定されています。 現在、「小室浅間神社」に固定されているのは、この神社のことです。

祭神は菊咲耶姫命で、金運、商売繁盛のご利益があることで知られています。

富士山の麓にあり、全国から参拝者が訪れるほど人気のある神社です。

境内には護良親王の首を密かに埋めたとされる「桂の御神木」があり、縁結びや家庭円満のご利益があり、女性におすすめです。

小さな神社ですが、毎年9月には流鏑馬(やぶさめ)祭りが行われ、多くの観光客で賑わいます。

受付で申し込むと、富士山の雪解け水で作られた御神水が授与される。