長野県の金運アップ神社はどこ?財運上昇のパワースポットを紹介!

今回は【長野県北信越編⛩】人気・評判! 人気・評判の神社5選をご紹介します!
東京からのアクセスも良く、自然豊かな観光地である長野県。

別荘として利用したり、ウィンタースポーツで訪れたりしたことがある方も多いのではないでしょうか。

また、長野県には大法寺の三重塔や善光寺の本堂など、国宝に指定されている有名な寺社が数多く点在しています。

今回は、金運にご利益があると評判の高い神社を5社ご紹介します。

諏訪大社(すわたいしゃ)

諏訪湖を囲むように境内を構える諏訪大社は、古来より信仰されてきた歴史ある金運神社である。

創建年代は不明だが、古事記に登場するように、約1500年前から2000年前といわれている。

全国に2万5千社ある諏訪神社の総本宮で、祭神は大国主命の子である建御名方と妻の八坂刀比売の二人。

祭神の建御名方神は武将として讃えられ、勝負運や福徳円満のご利益があることで知られる。

諏訪湖を中心に、上社前宮、上社本宮、下社秋宮、下社春宮の4社があり、これらを総称して諏訪大社と呼んでいる。

鎌倉時代に源頼朝が祀ったのが始まりとされ、坂上田村麻呂、武田信玄、徳川家康など多くの武将が祀った。

諏訪大社は4社あるが、どの神社も同じ扱いなので、参拝の順番は特にない。

上社の本殿は金運アップのパワースポットとして知られているので、ぜひ参拝してください。

金運、財運、商売繁盛、厄除けなどのご利益が期待できます。

生島足島神社(いくしまたるしまじんじゃ)

長野県上田市下之郷にある生島足島神社は、戦国武将・武田信玄の信仰を集めたことで知られています。

祭神は、生命の神である生田大神と、満足の神である足島大神の二柱です。

金運、開運、縁結びなどのご利益があることで有名な神社です。

創建年代は不明だが、奈良時代以前からあったとされ、非常に長い歴史を持つ神社であることは間違いない。

本社は池の中の小島にあり、その奥には八幡宮、秋葉神社、荒玉神社、御柱神社があり、一緒に参拝するのがおすすめです。

生島足島神社の見どころは、800年の歴史を持つ「夫婦欅」で、夫婦円満、安産、子宝、金運に恵まれるとされ、女性を中心に注目を集めている。

神社ではキーホルダーのお守りも販売されているので、肌身離さず持ち歩くのに便利です。

象山神社(ぞうざんじんじゃ)

長野市にある象山神社は、松代藩主であり幕末の思想家である佐久間象山を祀っています。

佐久間象山をご存知の方は少ないかもしれませんが、東洋だけでなく西洋の文化にも精通し、様々な分野で輝かしい業績を残し、長野県民に深く愛された人物です。

神社は1938年に創建されましたが、佐久間象山が無念の死を遂げてから50年後に神社創建の計画が始まったと言われています。

金運、財運、商売繁盛、交通安全、家内安全などのご利益が有名で、かなり万能な神社といえるでしょう。

参拝の後、「宝くじが当たった! 商売がうまくいくようになった 参拝後、「宝くじが当たった」「仕事がうまくいくようになった」などの声が多く聞かれ、多くの参拝者が訪れる人気の神社となった。

長野新幹線長野駅から車で30分ほどかかるので、駅からバスに乗るか、車で来るのが便利です。

四柱神社(よはしらじんじゃ)

長野県松本市にある志波姫神社は、地元では「しんとさん」と呼ばれ、古くから親しまれている神社です。

松本城の近くに位置し、地域住民の憩いの場でもある。

主祭神は天之御中主神、高皇産霊神、高皇産霊神、天照大神の4柱で、すべての願いがかなう「願掛けの神様」と呼ばれています。

占いの的中率が高いゲッターズ飯田さんが、強力なパワースポットとしてテレビで紹介したことで人気に火がつきました。

若者を中心に話題となり、平日でも多くの参拝者が訪れているようです。

また、拝殿の右手には、大国主命と事代主命を祭神とする恵比寿神社があるので、こちらも忘れずに参拝しましょう。

また、神社の近くに置かれた「願い串」は、商売繁盛や健康を安価に祈願できるため、おすすめです。

串には商売繁盛や無病息災などの願いが込められている。串に住所氏名を書いて神社に返納すれば、翌日には神社が祈願してくれる。

毎年秋になると、志波姫神社では「神幸祭」という大祭が行われる。

松本市の代表的な年中行事なので、時間が合えば参加してみてはいかがでしょうか。

戸隠神社(とがくしじんじゃ)

長野市にある戸隠神社は、神話に登場する聖地として知られる有名な神社です。

長野駅から車で1時間かかるため、決してアクセスが良いとは言えませんが、そのご利益は有名で、日本全国から参拝客が訪れます。

創建は2,000年前と言われており、非常に長い歴史を持つ神社です。

奥社、中社、宝光社、火之御子社、九頭龍社の5社を総称して戸隠神社と呼んでいます。

この五社を次のような順序で参拝するとよいとされている。1.

それぞれに特徴や見どころがあるので、以下、チェックしてみてください。

1. 宝光社(ほうこうしゃ

宝光社のご祭神は天穂日命で、学問・開拓・安産のご利益があり、女性に人気の神社です。2.

2.火之御子社(ひのみこじんじゃ

天照大神(あまてらすおおみかみ)を祀る神社で、縁結びや芸能の才能開花のご利益があり、女性に人気の神社です。

3)那珂神社

中社は、天八意思兼命をお祀りしており、商売繁盛、学業成就、開運、厄除けなどのご利益があるとされています。

4.九頭龍神社(くとうりゅうじんじゃ

九頭龍神社は、地元の氏神様である九頭龍神を祀っており、5社の中で最も長い歴史を持つ神社です。

雨乞い、虫歯、縁結びなど、多くのご利益があることでも知られています。

奥社(おくしゃ)神社

奥社」は、祭神の天照大神を祀っており、開運、願望成就、勝負運などのご利益で有名です。

五社中、最も強力なパワースポットとして知られています。

五社巡りには時間がかかるかもしれませんが、じっくりと参拝・参拝することで、「状況が好転した!」「宝くじが当たった!」などという声が聞こえてくるかもしれません。宝くじが当たった!」なんてことも。少し時間はかかりますが、祈りながら5つの神社にお参りすることで、「状況が好転した!」「宝くじが当たった!」という報告も多くあります。