滋賀県の金運アップ神社はどこ?財運上昇のパワースポットを紹介!

今回は【滋賀県・関西⛩】人気・評判! 人気・評判の神社5選をご紹介!
滋賀県といえば、400万年の歴史を持つ日本最大の湖、琵琶湖が有名です。

また、緑豊かな山々があり、延暦寺や吉備姫神社など歴史ある寺社が多いことでも知られています。

そんな滋賀県には、開運が期待できるお寺や神社がいくつもあるのをご存知でしょうか?

今回は、その中でも特にご利益があると言われている5つを厳選してご紹介します。

自然豊かで歴史情緒あふれる滋賀県で、ご利益も期待できる旅を計画してみてはいかがでしょうか。

日吉大社(ひよしたいしゃ)

滋賀県大津市にある日吉大社は、全国に3,000社ある山王神社の総本社である。

創建は2,000年以上前といわれ、平安京から鬼門の方角にあることから厄除けにご利益があるとされている。

また、日吉大社には「勝」と呼ばれる猿が祭神として祀られており、境内のいたるところで狛犬や猿のオブジェを見ることができます。

金運、財運、商売繁盛、開運、厄除け、厄落としなどのご利益があることで有名です。

境内はとても広く、西本宮、東本宮、奥宮のエリアに分かれています。

急な坂道や階段の上り下りに約1時間かかるので、往復するときは動きやすい服装で行くのがおすすめです。

西本宮の立派な門は国の重要文化財に指定されており、魔除けの「まさる」彫刻がたくさん隠れています。

日吉大社の起点として知られる奥宮の「金の巨岩」は、境内一のパワースポットと言われています。

社務所前には本物の猿が2匹飼われている「神猿社」があり、寄り添い毛づくろいをする姿が可愛いと参拝客に人気です。

猿の形をした「神猿おみくじ」は人気のおみくじで、おみくじを引いた後の容器は厄除けの置物として飾ることができます。

もちろん、猿の形をしたかわいいお守りもある。

最もポピュラーなお守りは、「魔が去り、何よりも勝てる」という魔除けと必勝祈願を兼ねた「神猿守」。

多賀大社(たがたいしゃ)

犬上郡多賀町にある多賀大社は、縁結びの神様を祀る、関東屈指のパワースポットです。

古くから地元住民から「おたがいさま」の愛称で親しまれ、年間170万人もの参拝者が訪れる。

御祭神は、日本で最初の夫婦として知られるイザナギとイザナミの二柱です。

また、日本初の夫婦神として知られる伊邪那岐・伊邪那美の両神を祀る「神の宮」としても知られる。

多賀神社は、豊臣秀吉が架けたとされる「太鼓橋」と、願いが叶うとされる「長命石」で有名です。

太閤橋」を渡ると願いが叶い、無病息災、長寿になると言われています。

拝殿の右側にある「長命石」は500円で、白い小さな石に名前や住所を書いて石の周りに置くと願いが叶うと人気です。

さらに金運を確かめたい方は、本殿の近くにある「金崎稲荷神社」に参拝するのがおすすめです。

金運・財運・商売繁盛の神様として信仰されている「宇賀神御魂神(うがのみたまのかみ)」が祀られている神社です。

また、長命石の近くには、金運のご利益で有名な「精進神社」があります。

授与所では、800円の「大吉守」と「金運守」が大人気なので、ぜひ手に取ってみてはいかがでしょうか。

 

竹生島神社(ちくぶじまじんじゃ)

滋賀県長浜市にある竹生島神社は、琵琶湖に浮かぶ竹生島に鎮座する金運神社である。

正式名称は「都久夫須麻神社」ですが、竹生島にあることから「竹生島神社」の名で知られています。

竹生島は琵琶湖に浮かぶ小さな島で、古くから「神の住む島」と呼ばれ、地元住民から厚い崇敬を受けてきた。

竹生島神社へは船で約30分かかるが、情緒ある島として人気があり、平日でも多くの参拝客で賑わっている。

主祭神は市杵島姫命、宇賀福神、浅井姫命、龍神様の4柱で、金運、財運、開運、商売繁盛などのご利益があるそうです。

竹生島神社の本殿は国宝に指定されており、安土桃山時代を代表する素晴らしい建築物も楽しむことができます。

本殿は国宝に指定されており、安土桃山時代を代表する素晴らしい建築様式を楽しむことができます。

かわらけ投げ」では、2枚の素焼きのお皿を渡され、片面に願い事、もう片面に名前を書くことができます。

また、お財布に入れておくと縁起が良い、小さな楕円形の「福小判」(1枚200円)を手に取ってみてはいかがでしょうか。

 

長等神社(ながらじんじゃ)

滋賀県大津市にある長等神社は、1300年以上の長い歴史を持つ由緒あるお札の神社です。

祭神は、建速須佐之男神、大山咋神、市杵島姫神、宇佐若宮下照姫神、八幡大神の5柱です。

ご利益は、金運、財運、商売繁盛、仕事運で有名です。

また、長門神社には絵馬があり、書くだけで願いが叶うと言われています。

境内にある「馬神社」は、金運・勝負運に大きなご利益があると言われています。

長門神社が金運の神社として知られるようになったのは、この神社のおかげと言われています。

農民から大出世した豊臣秀吉も参拝したといわれ、その効果が証明されている。

同神社で最も人気のあるお守りは、勝負運を高める「馬神神勝守」である。

 

近江神宮(おうみじんぐう)

大津市の近江神宮は、琵琶湖西岸の山の麓にある。

最初にくぐる大鳥居は登録有形文化財に指定されており、近江神宮のシンボルとなっています。

創建は1940年と比較的新しいが、人気漫画「ちはやふる」の実写映画で「かるたの聖地」として紹介されて以来、注目度が増している。

第38代天智天皇を祀り、開運・商売繁盛・厄除け・学業成就など、さまざまなご利益が期待できる万能神社と呼ばれています。

天智天皇は大化の改新で有名ですが、日本で初めて水時計を作った人としても知られています。

そのため、「時の神」と呼ばれるようになり、「開運招福、万物の命運を開く」というご利益があると言われています。

また、境内には日本初の時計博物館もありますので、お時間があればぜひお立ち寄りください。

授与所では、金運が上がりにくくなる「ふくろう守」、チャンスをつかむ「ときめき守」が金運アップに効果的です。